企業の取り組み

文化協賛活動

地域社会の存立の基板を置く社会的責務遂行の一環として、日本や世界を代表する芸術家の作品を寄贈し、
文化性の高い環境づくりに寄与する芸術文化支援を積極的に推進しています。
福井県立美術館において、弊社寄贈品を展示した 「ジャクエツコレクション展(2009年)」
「子どもたちの情景 ~絵本原画の世界~(2010年)」「子どもの世界展(2014年)」が開催されました。

文化協賛活動

大分県玖珠町出身の童話家であり教育者である久留島武彦氏(1874~1960年)は、
「日本のアンデルセン」とも呼ばれる、日本の児童文学界の第一人者。
「信じ合うこと」「助け合うこと」「違いを認め合うこと」を伝える楽しいお話を、日本全国を語り歩き、子どもたちに伝えられました。
当社の創業の地となった福井県敦賀市の早翠幼稚園のために、久留島氏が描いたのが「犬張子」のマークだったと言われています。
この「犬張子」を、創業より100年間、当社は社章として用い、久留島氏の精神を受け継いで参りました。
2017年4月に、大分県玖珠町に開館した「久留島武彦記念館」には、当社からも展示物の寄贈を行わせていただき、
また「いぬはりこの部屋」を企画、備品の寄贈を行いました。

久留島武彦記念館 >>

久留島武彦記念館「いぬはりこの部屋」

禁煙宣言・健康宣言

当社は、1999年4月1日に業界に先駆けて禁煙宣言を行いました。
保育教材メーカーとして、子どもたちを煙の害から守り、社員および家族の健康を保つため、率先した取組みを行っております。
宣言当時、全社の灰皿を一掃し、地元紙に宣言文と禁煙した写真の名前を入れた広告を掲載いたしました。
現在は、新入社員にも禁煙宣言への賛同をお願いし、入社条件とさせていただいております。

2012年に禁煙宣言を発展させ、新たに健康宣言を行いました。
子どもたちとともに、健康でいきいきと活動できる企業でありたいと考えています。

子どもを育む環境トータルデザインのジャクエツ