社員紹介

田邉 繁樹

営業職 2004年入社 東京西部店 店長代理

努力をした分だけ、足跡のように形に残っていく仕事。

私がジャクエツを志望した理由は、扱っている商品にちゃんとカタチがあり、努力した分だけ足跡のようにお客様にそのカタチを残していくことができると思ったからです。
ルートセールスなので、人(お客様)とのつながりを大切にできると考えたので志望しました。
今は営業職として、担当している幼稚園や保育園に伺っています。子どもたちが喜んでくれる教材教具をご紹介したり、お客様が気づいていない問題点を発見して、改善できる方法をご提案したりしています。
提案内容が工事関係の場合、専門的な知識や経験が必要となるので、自分だけの力では不十分だと思った時は、各分野ごとの専門家と一緒に動きます。このようにフォロー体制が整っているので、若い社員でも大型受注が取れる人もいます
このように会社の事業領域がとても広いので、営業職としても仕事の幅が非常に広いです。 そしてそれらは全て、お客様の喜びに直結し、その喜びの形をほとんど目の当たりにすることができます。
例えば、大規模工事をした場合、園関係者に喜んで頂けるだけでなく、入園希望者が増えるなど経営の一端にふれることもできるのです。自分の能力に比例して、お客様の役にたてる幅も広がっていくところにやりがいを感じています。

充実した福利厚生。
社員を大切に考えてくれる会社です。

私は入社以来、社宅制度を利用しています。
独身の頃は独身寮に住んでおり、結婚してからは世帯寮へ移りました。家賃も破格ですし、現在は子どもが3人おりますが、部屋の広さも十分あります。
住む前は、寮というと公私混合してしまうのではないかと不安な気持ちもありましたが、実際はプライベートがきちんと守られ、特に周りから干渉されることもなかったので、安心して住み続けることが出来ました
今思えば社員にこのような環境を用意してくれる会社は当たり前ではないと思います。お中元や、お歳暮、誕生日にはケーキが贈られるなど、社員を大切に考えてくれている会社だと思います。

社宅の様子

最後にはセンスよりも、努力が物を言う。

ここでは、学生の頃に培ったものを存分に発揮できる環境がありますし、多くの人々との関わる中で、自分自身を成長させる場にもなります。
10年以上営業をやってみて思うのは、センスがあるかないかより、努力できるかどうかの方が大切だと思います。
努力家で向上心のある方と一緒に仕事が出来たら幸いです。

田邉 繁樹 Shigeki Tanabe

2004年に東京中央店へ入社。2012年に東京西部店へ店長代理として異動後、現在に至る。既婚。
出身地:東京都
休日の過ごし方:家族でドライブ。