社員紹介

柿下 里沙

採用担当 2015年入社 社長室

どのように成長をしていけるか、楽しみな仕事です。

皆さんが就職活動をされる中で、まず一番最初に触れあう社会人が、私たち「採用担当」だと思います。実は私は、入社してからすぐに採用に携わっているのですが、入社して間もなくは、会社のことも社会のこともまだまだ分からないまま、皆さんの大切な人生を決める節目に携わるということに、大きな責任感を感じ、不安でいっぱいでした。また、自分が就活生の時に見た採用担当者は、どの会社の方もキラキラ輝いていて憧れだったので、こんな私がやっていいのかという思いもありました。
ですが、学生の皆さんにより近い立場として、「私だからこそ」のお話で会社の魅力を伝えていこう、皆さんにより親しい社会人であろう、と思うようになり、この仕事が楽しみになりました。 また最近では、社員紹介ムービーを制作したり、HP制作の一貫として写真撮影に出かけたりと、経営学部卒の私ですが、本当に色んな仕事を経験させていただいています。(ちなみに、今回制作した社員紹介ムービーのBGMも、ある営業社員が0からつくりあげたオリジナル楽曲です)
これも全ては、色んな仕事に携わるチャンスを与えてくださる社風のおかげだと思っています。この2年間という短い期間の中で、たくさんのジャクエツ社員とご一緒させていただき、多くのことを吸収することができました。同時に、まだまだ勉強不足だな、甘いな、と色んな反省をした2年間でもありました。この先もどのように成長していけるのか、自分自身でも楽しみながらやっていけたらと思います。

入社動機の一つになりたい。

ジャクエツの商品は、普通のおもちゃ屋さんには置いていませんし、CMを流しているわけでもないので、一般市場においては当社の社名は、あまり認知度は高くありません。合同説明会やナビサイトで、初めてこの会社を知る方がほとんどです。そして世の中にこれだけの企業がある中で、ジャクエツに出会う、そして合説のブースやセミナーに足を運んでくださることは、とても有り難いことです。一期一会。その有り難さを、大切にしたいと思いながら、採用担当の仕事をしています。
これまで何度もセミナー等で会社のお話をさせていただきましたが、なかなかうまく会社の魅力を伝えきることができず、苦労することも多々ありました。ですが、セミナー終了後に熱心に質問をしてくれたり、気軽に相談をしてくれたりした方々が選考に進み、内定が決まって、なおかつ入社を決意してくれたときには、本当に嬉しく思います。
そして、ジャクエツ社員となった後も、困ったことがあれば相談してくれたり、親しみをもって接してくれる姿を見ると、「採用担当をやっていてよかったな」と心から思いますし、ジャクエツと出会ってから、社員として頑張る姿まで見守ることができるこの仕事は、本当にやりがいを感じます
人財採用の仕事というのは、「なにが正解」「どこまでが正解」という答えがなく、難しいお仕事だなと日々実感しています。ただ、ジャクエツの代表として学生さんの前にいるという自覚と、大切な人生を決めるためのお手伝いをするという責任感を持って、しっかり向き合っていきたいと思っています。そして、私の姿をみて、「ジャクエツに入社したい!」「一緒に働きたい!」と思ってもらえるような採用担当になることが目標です。

2018年卒新卒採用は、私にとって最初から最後まで進めさせていただく初めての採用活動なので、これからどんな方とお会いできるか楽しみです。

ムービーの撮影中、さいたま店の岩間と。

当社の魅力を、ぜひ肌で感じてください!

就職活動は正解がなく、悩むことも多いかと思います。そんなときは、まず色んな会社に足を運んで、色んな社員に会ってみてください。ジャクエツには、「子どもたちのために」誠実に働く素敵な社員がたくさんいますので、ぜひ一度セミナーにご参加いただき、Webの情報だけでは感じることのできない魅力を感じ取っていただければと思います。
また、幅広いフィールドの中で、目標に向かって努力できる方、そして何より「ジャクエツで働きたい!」という熱い思いを持った方々とたくさんお会いできると嬉しいです。

最後になりますが、私が制作をしたムービーがこちらよりご覧いただけます。こちらはショートバージョンになりますが、3月から開催する自社セミナーにお越しいただきましたら、フルバージョンがご覧いただけます。まずはセミナーにご参加される前に、こちらのムービーをチェックしてみてください!
合説やセミナーでお会いできることを楽しみにしています!

ムービーを見る

柿下 里沙 Risa Kakishita

2015年に営業企画課に入社後、社長室立ち上げに伴い異動。採用担当者として全国を飛び回り、ジャクエツの魅力を伝えている。既婚。
出身地:福井県
休日の過ごし方:散歩、家での映画鑑賞。