北小金グレース保育園 ノーチェルーム

北小金グレース保育園 ノーチェルーム 千葉県松戸市

[概要]
高齢化しつつある街の地域活性化を目指して、地域の期待を背負って駅前に開設された同園。育室のイメージは、「自然と共に・人との交わり」。コンセプトを検討していた園の理事長の目の止まったのが、ジャクエツの備品シリーズ「ノーチェシリーズ」だった。
動物たちが集まる「緑に囲まれたゆかいな森」をコンセプトとするこのシリーズは、理事長のイメージとぴったりと合致し、園名にも「ノーチェ」という言葉が採用された。小規模保育所という限られた空間、安全面を考慮して装飾を控える空間でも、1つあるだけで楽しさが広がる愛らしいデザイン。テーブルの脚がリスの形になっている「リステーブル」、キーボードデスクや布団収納棚のグリーンがお部屋に華やかさをもたらしている。保護者からは『可愛らしい』『ほっとする』と喜びの声が数多くあつまり、園児も笑顔で登園する明るい保育施設となった。

子どもを育む環境トータルデザインのジャクエツ