おもちゃ博物館

おもちゃ博物館 栃木県下都賀郡壬生町

[概要]
“おもちゃのまち”栃木県下都賀郡壬生町にある「壬生町おもちゃ博物館」のリニューアルプロジェクト。ジャクエツが任されたのは、高さ20mの吹き抜けのホールと、景色を360°見渡せる展望ホールを「楽しいあそびの空間」にすることだった。
ジャクエツは、吹き抜けホールの中央に、高さ約9メートルの大型遊具2台「きんぐとくぃーん」を。そして空を望む展望ホールには、より低年齢児向けの飛行船型の遊具「みらいごう」を提案して導入。空間を平面ではなく「立体的に遊ぶことができる」点が高い評価を受けた。おもちゃ博物館は、平均して年間20万人を超える来場者があり、開館から5年が経つ現在も、多くの家族連れに親しまれている。当社の高い安全規準、および手厚いメンテナンスが、こどもたちの笑顔を今日も支えている。

子どもを育む環境トータルデザインのジャクエツ