つきよのこども園

つきよのこども園 群馬県利根郡みなかみ町

[概要]
昨今の少子高齢化と子育て世代の働き方の変化を受け、既存の4つの園を統廃合し、幼保連携型の認定こども園を開設するという大きな決断を下した群馬県みなかみ町、月夜野地区。そこに完成したこども園は、延床面積1723.19平方メートル、園庭は2870平方メートルという圧倒的な広さを持つ園となった。大きく広い環境で、よく遊び、体を動かし、心身ともにたくましく成長をしてほしい。そんな思いが園舎に表れている。
建物全体にふんだんに使われている木材は、すべて群馬県産材のもの。床は木目のきれいな栗を使い、0~1歳児にはやわらかい桧を使用した。木のやわらかい香りがし、温かみのある空間となった園舎。「日本一のこども園を目指そう」という言葉を町から頂戴し、町と共につくりあげた素晴らしい園舎となった。

子どもを育む環境トータルデザインのジャクエツ