社員紹介
空間デザイナー/設計士 江川 竜平 リノベーション部
2016年に設計事務所より転職

アトリエ系設計事務所で培った経験をより活かせると確信し、ジャクエツへ。

ジャクエツに入社をする前は、アトリエ系建築設計事務所に16年間勤務しており、教会や附属幼稚園・保育園をメインに、学校・商業ビル・住宅など企画・設計・現場監理にも従事し、幅広い物件を手がけました。全員が美大出身者の意匠設計事務所で、個人主体でありながら、大規模建築の設計、スーパーゼネコン施工の現場監理の経験も豊富というところでした。
実は、附属幼稚園や保育園を設計している際に、そこに営業に来ていたジャクエツの社員と話をしたことがあり、ジャクエツという会社のことを知りました。教材や教具だけを販売している会社かと思えば、大型の遊具も取り扱っているし、販売をしているだけではなくて、すべて自社で企画・開発も行っている。更には、園舎の設計もしているということに驚きでした。
ジャクエツは幼稚園・保育園などのこども施設に関するあらゆることを手掛けており、小さな教材から数億円規模の建築や遊具まで幅広いプロデュースができる、「人財のバラエティーに富んだ活気のある会社」というイメージでした。
このような環境に身を置ければ、様々な刺激が得られ自身をより磨くことに繋がり、自分の経験も活かせば、更によりおもしろい刺激になるかもしれない、会社の礎をより強固にできるはずだと確信し、転職を決めました。

個人の能力やセンス、経験を活かしながら楽しく設計ができる。

入社をしてからは、設計部門ではなく、「リノベーション部」に配属となりました。リノベーション部では、幼稚園・保育園の枠にとどまらず、新しい切り口で「幼保+α」をテーマに新築・増築・改修・企画提案などの様々な案件の設計~工事監理を行っています。例えば、子育て支援として保護者の方がくつろげるカフェを幼稚園の敷地内につくる企画であるとか、企業内の子育て支援コーナーの提案であるとか。幼稚園・保育園の設計を専門にやってこられた方にとっては、新しい試みへのチャレンジができる部署だと感じています。幼稚園・保育園の業界に長けていなくても、経験を基に新鮮な目線で「幼保+α」の企画提案ができる環境なので、個人の能力やセンス、経験を活かしながら楽しく設計ができます。
私が今いるリノベーション部と同じフロアには、遊具や備品を主に企画開発している「環境開発課」があり、設計・開発それぞれの知識を活かした情報交換や企画提案もできます。企画開発の部門では女性も多いことから、いつも活気に満ちた明るい職場環境なのもポイントです。

保護者の方がくつろげるカフェのイメージパース

更なるキャリアアップと、未来を見据えた新たな提案を目指す。

子ども子育て支援制度が確立されてから、小規模保育施設や企業内保育施設など、子どもたちの保育・教育環境のあり方が大きく変化しており、リノベーション部に寄せられるニーズも幅広くなっています。今後、更に広範囲への知識が求められることから、一級建築士以外に宅建、施工管理技士等の資格取得を目指したいと考えています。
そして、幼稚園・保育園業界の未来を見据えた新たな試み・オリジナリティーの企画提案、保育士・先生方の目線で使いやすい、勤めたくなるような施設の提案を考えていきたいと思っています。

江川 竜平 Ryuhei Egawa

2016年に設計事務所より転職後、リノベーション部にて新たな子ども子育て環境の企画提案・設計を行う。
関東各地の物件を幅広く担当。更なるキャリアアップのために様々な挑戦を行っている。
出身地:東京都
休日の過ごし方:カフェ・スイーツ巡り。