社員紹介
営業職 小市 信介 横浜店
新入社員の仕事について

保育士志望からジャクエツへ。

僕はもともと、大学進学時の夢が保育士になることでした。しかしながら、就職活動中に「こども環境の未来をつくる」というビジョンを掲げている当社と出逢い、子どもたちにとって身近でありながらも、保育士とは違った角度で子どもたちを支える仕事であるということに魅力を感じ、入社を決めました。
入社をしてから感じたことは、この仕事は想像以上に責任があるということです。もちろん、社会人として仕事をする以上、どの仕事にも責任はあると思いますが、僕たちが扱っている商品・商材は、子どもたちが使うものです。
子どもたちは、僕たち大人が感じるよりも、よりたくさんのことを、繊細な感覚で感じ取っていきます。不慮の事故やケガが起きてしまわないように責任を持つことは当たり前ですが、更に「保護者の方々にも安心を届けたい」「より良い成長につなげたい」と考えると、ひとつひとつ責任感が芽生えます。

横浜店の同期の山﨑と。
商品について勉強中。

できることを一生懸命やる。
何よりも大切なのは、積極的な気持ちです。

まずは、とにかく担当の園に足を運ぶことを心がけました。最初から何かを販売しよう、採用してもらおうと考えるのではなく、先生方とコミュニケーションを築いていく中で、その時のニーズを会話の中で聞き出すことを大切にしました。そして、必ず準備(イメージ)を怠らないことです。
お客様によって、さまざまな人がいらっしゃいますので、その方々に合った話題や特徴を知っておくことも大事かなと思います。あと、空気を読むことも大切だと思います(笑)。難しいことではなく、相手(お客様)に対して真摯に、積極的な考えを持つことで、良い関係性を築いていくことができると思います。
当社の営業職の最大の魅力は幅広い業務に携われることです。そして今まで大学で学んできた専門的な知識を生かせる場所が必ずあることだと思います。
僕の場合、保育士志望だったので子どもの発達などの分野が営業で生かされていると感じます。他の方々もそれぞれ得意な部分を活用しているので、どの分野の知識やスキルも生かしていける営業だと思います。

分からないことは、先輩に聞いてみよう。

「思いきりやりたいこと」を見つけてください!

僕が就活時に意識していたことは、「思い切りやりたいことを見つけてやろう」ということです。社会人になるのなら、「納得のいくまで就活をしよう」と思って就職活動をしていました。たくさんある企業の中で自分が納得して決めたのならその選択に間違いはないと思います。思い切り悩んでください。
当社の仕事は、「子どもたちの記憶」に残る仕事です。子どもたちが大人になったとき思い出す遊具や園舎、教具などを作っていたのは自分たちだと自負できるこの仕事は、とても夢のある仕事だと思います。
子どもたちのために、一緒に頑張りましょう!

小市 信介 Shinsuke Koichi

2016年に横浜店に入社。目標達成をした新入社員に与えられる「新人金賞」を受賞。横浜店全体の表彰にも貢献した。
出身地:長野県
休日の過ごし方:映画鑑賞、買い物、飲みに行く、旅行。